ブログ

受験生の息子「書いても書いても肩が凝らない」

「受験生の息子にKernelを取り上げられてしまいました…」
そう語るのは”孫6人”さん(ハンドルネーム)。

孫6人さんはKernel S600ループタイプ(廃盤)ユーザーのお客様。
サロマ湖ウルトラの出場にあたってスポーツネックレスのKernelをお買い求めになりました。
購入後しばらく経ってからこのような声を寄せてくださいました。

▼孫6人さんKernelレビュー
ラン歴4年 還暦もじきに訪れます。
サロマ湖ウルトラに出場するべくKernel S600 ループタイプを購入しました。
お腹を下し60キロ地点で回収されてしまいましたが 不思議なことにいつもの右股関節の痛みと臀部の辛さが出ませんでした。
悔しかったので次の日ワッカを走りましたが 足にだるさも残っていなく快適に走ることができました。

今、Kernel にはまっているのは 受験生の末息子…
「書いても書いても肩が凝らないんだよ!!」と…
Kernel を取り上げられた私は「もう一つ買おうかしら…」と思案中です。

Kernelが上半身の緊張感に役立つ可能性についてはこちらの記事でも紹介しました↓

今回のデスクワークでのケースでいうと、体幹の崩れなどによる姿勢不良からくる肩の緊張がKernelによって改善されたのではないかと私は考えています。
他にも建設現場でのお仕事での肩や腰への負担感が軽減したという声なども届いており、Kernelの活用の幅は広がっています(下記の記事参照)。

日常生活で上半身の緊張感や疲労感にお悩みの方はぜひご参考に。

スポーツネックレスKernelはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る